様々なジャンルで活躍しているSwift

アプリを開発する際、様々なプログラミング言語が使用されるが、それぞれどういうアプリの開発に向いているかが変わる。
アップル社が提供しているプログラミング言語Swiftも、様々なアプリ開発に活用できる。
まずよく使われているのが、iOSアプリの開発だ。
iOSアプリはiPhoneやiPadなどで使用するアプリで、ジャンルを問わず多くのアプリ開発にSwiftが使用されている。
ゲームや天気予報アプリ、業務を効率化するためのアプリ、SNSなども開発することが可能だ。
AppStoreにはiPhone向けのアプリがあり、多くがSwiftを使用して作られているアプリのため、参考にチェックしてみるとよいだろう。

また、Macアプリも、Swiftを使って開発することができる。
パソコンのハードウェア上だけで動くアプリはもちろん、周辺機器と連携したアプリもあるため、iOS向けのアプリに比べると必要とされるプログラミング技術は高くなる。
より深くSwiftのことを学びたい、高度な技術を身に付けたい人は、Macアプリの開発に携わってみるとよいだろう。
Macアプリには、ビジネスで使われるようなアプリやツールも多いという特徴がある。
もちろんゲームやSNSといった身近なアプリの開発も行われているため、幅は非常に広い。
AppleWatchに対応したアプリも、Swiftで作られている。
時計型のツールということで、複雑な操作が必要なく簡単に使えるアプリが多い。
また、スポーツや運動を行う時に使う人が多いため、ヘルスケアやフィットネス関連のアプリの需要が高い。
他にもAppleTV向けのエンターテイメントやゲームなどのアプリ開発でも、Swiftは活躍している。